二重窓はマンションで許可されるの?

マンションの二重窓へのリフォーム

マンションで暮らしている人の中には、冬は暖房の効きが悪いせいなのか寒い、結露が発生する、外からの騒音が煩くて安眠出来ないなどの問題を抱えている人は少なくありません。そしてこれらの悩みは、窓のリフォームで解決できるケースがほとんどです。

冬寒く夏暑い室内環境や、外部の騒音に悩まされる環境を生み出す大きな要因は、断熱化されていない窓、隙間風を通すサッシ、音を通り抜けさせてしまうガラスにあります。

しかし、「マンションだから窓のリフォームはできない」とあきらめている人が多いのではないでしょうか?マンションの規約にもよりますが、多くの場合、ガラス交換、または二重窓なら、個人で窓のリフォームができます。個人で窓のリフォームができる範囲は、マンションによって規約が異なりますので、規約を確認してみてはいかがでしょうか?

マンションで許可される可能性が高い窓のリフォームはガラス交換と二重窓です。ガラス交換、または二重窓へのリフォームは、マンションの外観に影響がないので、ほとんどの場合許可されます。ただ、ガラス交換は低価格で断熱できる分、その他に解決できる問題が少なく、劇的な効果は期待できません。一方、二重窓は、ガラス交換より費用が嵩みますが、断熱以外に、結露と隙間風、紫外線を抑制する効果、さらに、防音・遮音効果も得られます。ガラス交換と二重窓のリフォームで得られる効果の違いを見てみましょう。

参考サイト 開口部からの熱の出入りは、どの位あるのですか?

参考サイト 窓の性能とJIS基準について

マンションで許可される窓のリフォーム・ガラス交換

今ある窓枠を活かして、ガラスだけ交換する窓のリフォームがガラス交換です。ガラス交換には2つの方法があります。YKKAPアタッチメント付複層ガラスと交換する方法と、真空ガラス「スペーシア」に交換する方法です。

YKKAPアタッチメント付複層ガラスと交換する方法

YKKAPアタッチメント付複層ガラスYKKAPブラインド入り複層ガラス

既存のサッシにちょうど良いサイズになるよう複層ガラスにアタッチメントが組み合わされています。さらに、複層ガラスの間にブラインドが入っているブラインド入りの複層ガラスもあります。外部からの視線や、陽射しをブラインドの角度で調整できる便利な複層ガラスです。ブラインドは掃除が大変なので、倦厭される方も多いですが、ブラインド入りの複層ガラスが、ガラスの中にブラインドが入っているので、油汚れが気になるキッチンの窓でも、安心して使えます。

ただ、サッシはアルミのままなので、複層ガラスが熱の出入りを妨げても、サッシ部分は熱を通してしまいます。その為、サッシ部分の結露は解決できません。また、サッシからの隙間風もサッシを交換しない為、改善されません。

真空ガラス「スペーシア」」に交換する方法

真空ガラス 「スペーシア」は、結露対策・高断熱性に優れた窓ガラスです。2枚のガラスの間の真空層によって、一般的な複層ガラスの約2倍の断熱性能を備えています。しかも、1枚ガラスと変わらない厚みなので、使用しているサッシのままで、ガラスだけ交換できます。

真空ガラス「スペーシア」は、リフォームをする窓のあるお部屋の環境に合わせて、最適なガラスが選べるよう、4つのタイプが用意されています。

真空ガラス「スペーシア」

一枚ガラスの約4倍の断熱性能で暖房の熱を逃しません。外気の影響を受けにくいスペーシアは-23℃以下になるまで、ガラス部分の結露の発生をおさえます。加えてJIS等級T-2をクリアした遮音性能を備えています。一般的に、複層ガラスには、2枚のガラスが共鳴するため、遮音性はないとされていますが、スペーシアは騒音を減らして静かな環境を生み出します。

高遮熱性真空ガラス「スペーシアクール」

遮熱高断熱Low-E膜を加えることで、「スペーシア」の持つ機能に高遮熱性を持たせたガラスです。室内に侵入してくる太陽熱を51%カットするので、一枚ガラスの約4倍の遮熱性能があります。日射が強い部屋の窓に向いています。また、室内に侵入する紫外線を約60パーセントカットします。

超高断熱性能真空ガラス「スーパースペーシア」

真空層を保持しているマイクロスペーサーの間隔を「スペーシア」よりも広げ、大幅に断熱性能を向上させたガラスです。断熱材のグラスウール50ミリ厚以上の断熱性能を誇る熱貫流率0.65 W /(㎡・K )という断熱性能を備えています。さらに、太陽熱は52%カット、透過損失測定値はJIS等級T-2をクリアする遮音性能も備えています。

室内外の騒音を抑える合わせ真空ガラス「スペーシア静」

「スペーシア」の持つ機能に加えて、騒音を抑えて、静かな環境をつくるガラスです。真空層と特殊中間膜によって優れた断熱性能と、遮音性能を発揮します。JIS等級 T-335等級)をクリアした遮音性能を備えています。室内からの生活音の流出、外部で発生する騒音を遮り、静かな空間をつくります。

優れた断熱性能と遮音性能を持つ合わせ真空ガラス「スペーシアクール静」

「スペーシアクール」と「スペーシア静」の機能を併せ持つガラスです。

マンションの窓のリフォームについてはこちらのコラムもご覧ください。
窓のリフォームで快適になるマンションの暮らし

マンションで許可される二重窓へのリフォーム

二重窓は、今ある窓はそのままにして、内側に新しい窓を設けるリフォームなので、マンションの外観には影響はありません。その為、許可されることの多い窓のリフォームの一つです。ガラス交換では得られない二重窓ならではのリフォーム効果は、サッシの結露も防げる、隙間風がなくなる、防音効果が高いということです。

二重窓ならリフォームでもサッシの結露を防げる

内側に設ける新しい窓は、樹脂サッシの窓です。樹脂は、アルミと違い、熱を通さないので、結露が発生しません。

二重窓ならリフォームでもサッシからの隙間風を防げる

サッシからの隙間風は、冷気と騒音を室内に侵入させます。樹脂サッシの窓は、ガラスとサッシが溶接されているので、隙間風がありません。

二重窓なら室外側の窓と室内側の窓の間の空気層が音の伝わりを妨げる

熱の伝わりと同じように、音も道路工事の音や、上階の足音のように振動で伝わる音以外は、窓から侵入してきます。しかし、二重窓であれば、窓と窓の間の空気層が音の伝わりを妨げ、図書館にいるような静けさの室内を生み出します。

加えて、室外側のサッシから隙間風が入ってきてしまっても、室内側の窓は気密性が高いので、隙間からの音を室内に侵入させません。

窓のリフォームの目的が防音・遮音なら大信工業の内窓プラスト、騒音の問題はない、リフォーム費用を抑えたいという場合には、YKKAPマドリモのプラマードU、奥行きの狭い窓枠に内窓をつけたいという場合には、YKKAPマドリモの Lite Uが向いています。

大信工業の内窓プラスト

PLAST施工例

PLAST施工例

気密材メーカー大信工業社が製造している気密にこだわった設計の内窓です。他メーカーでは不可能な厚さ12ミリの防音ガラスを取付けることもできる最強の防音性能を持つ内窓です。

最強の防音効果を持つプラストも、マンションの内窓に対応しています。

窓屋窓助がオススメする上質で最強の内窓

防音効果の高い内窓プラスト

 

YKKAPマドリモのプラマードU

YKKAPマドリモの内窓プラマードU

複層ガラスと樹脂サッシを組み合わせた内窓で、夏は日射を遮蔽し、冬は暖房の熱を逃がさず、結露を防ぎます。

詳しくはこちらから

動画をご覧いただけます。→ マドリモプラマードUの防音効果

YKKAPマドリモの Lite U

YKKAPマドリモの内窓 Lite U

Lite Uの内窓の奥行きはわずか40mm、窓枠内にすっきり納まるので、室内への出っ張りが抑えられます。浴室や洗面所、キッチンなどに手軽に取り付けられます。

内窓の特徴についてはこちらのコラムをご覧ください。

窓のリフォーム防音

窓屋窓助は、窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店です。

私達は、窓・玄関・エクステリアのリフォームを通じて、地域の皆様の夢や暮らしに貢献させていただきたいと願っています。

窓のリフォームの施工例はこちらからご覧いただけます。

窓リフォームの施工事例

いつでも、お気軽にお問い合わせください。