窓交換は最強の断熱リフォーム

断熱窓

窓のリフォームにも、断熱リフォームにも、いくつかの方法があります。その中で、窓交換は、最も高い効果が得られるリフォームです。窓のリフォームから得られる効果も、断熱リフォームから得られる効果も、両方得られます。

窓交換とはどんなリフォーム?

窓のリフォームには、窓ガラスだけ交換する、内窓を設置する、窓枠ごと窓を交換するという3つの方法があります。この中で、窓枠ごと窓を交換する方法が窓交換です。

窓ガラスだけ交換するリフォームは、最もリフォーム費用を抑えられますが、サッシの結露や隙間風は改善できません。内窓を設置するリフォームは、断熱効果の他に、防音・遮音効果が得られますが、窓の開閉が二度手間になるという煩雑さがあります。窓枠ごと窓を交換する方法は、窓のリフォームの中で唯一、新築住宅と同じ断熱効果を得られる方法です。

窓交換で新築同様の断熱効果が得られる理由

窓の性能は、ガラスとサッシによって決まります。

ガラスの種類

住宅の窓に使われるガラスには、防犯合わせガラス、型ガラスなども含めて様々なガラスがあります。その中で「断熱性に影響を与えるガラス」という観点から分けた場合、単板ガラス、複層ガラス、Low-E複層ガラス、トリプルガラスが挙げられます。

単板ガラス

昔から使われている1枚のガラスです。断熱、遮熱性能がなく、紫外線も通してしまいます。暖悦性がないので、結露も抑制できません。

複層ガラス

複層ガラス

2枚のガラスが組み合わされ、間に空気が入っているガラスです。ガラスには断熱性がありませんが、2枚のガラスの間の空気層が熱の伝わりを妨げます。

Low-E複層ガラス

日射取得型Low-E複層ガラス

日射取得型Low-E複層ガラス

日射遮蔽型Low-E複層ガラス

日射遮蔽型Low-E複層ガラス

2枚のガラスの内、1枚にLow-E金属膜がコーティングされているガラスです。複層ガラスより高い断熱性能があり、遮熱するタイプもあります。日当たりの悪い部屋には、断熱タイプ、直射熱が強い部屋には、遮熱タイプというように使い分けます。

トリプルガラス

トリプルガラス

3枚のガラスが組み合わされている世界トップクラスの断熱性能を備えたガラスです。Low-E金属膜がコーティングされているガラスが2枚使われている日射遮蔽タイプと、Low-E金属膜がコーティングされているガラスが1枚使われている日射取得タイプがあります。ガラスの間には、空気より軽く、より熱の伝わりを妨げるアルゴンガスが注入されています。

窓交換だけが、「全てのガラスの中で最も断熱性の高いトリプルガラス」を採用できるできるリフォームです。

サッシの種類

サッシにはアルミサッシとアルミ樹脂複合サッシ、樹脂サッシがあります。

アルミサッシ

軽く、優れた耐久性があり、廉価なので、多くの住宅で使われてきたサッシですが、断熱性はありません。また、アルミサッシは、ガラスと組みたてる為、隙間風が入ってきます。

アルミ樹脂複合サッシ

室内側に樹脂サッシ、室外側にアルミサッシと2種類のサッシを組み合わせたサッシです。樹脂サッシは、非常に優秀なサッシではありますが高価です。その為、樹脂サッシの良さは活かしつつ、価格を抑えられるアルミ樹脂複合サッシが開発されました。極寒地域以外では、一般的に使われているサッシです。

樹脂サッシ

非常に断熱性の高いサッシです。アルミに比べて、およそ1000倍もの熱の伝わる意を抑える性質を持っています。また、樹脂サッシには、ガラスが溶接されているので、隙間風がありません。

リフォームで、この樹脂サッシとトリプルガラスが組み合わされた樹脂窓にできる方法は、窓交換だけです。その為、窓交換ならリフォームによって、新築同様の断熱効果が得られるのです。

窓リフォーム 内窓リフォームと窓交換の違い

コラム 窓リフォーム 内窓リフォームと窓交換の違い

窓交換のリフォームが家全体の断熱性能を高くする理由

窓からの熱の流出の比率

近年は、政府の方針もあり、省エネ住宅への関心が高まったことから、暖かい家が増えてはいます。しかし、築年数の長くなった家のほとんどは、寒い家です。その為、断熱リフォームを計画される方も少なくありません。断熱リフォームと言えば、屋根や壁、床に断熱材を入れる、外壁や屋根に断熱塗装をするなどの方法を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、実は窓のリフォームが最も効果的であることをご存知ですか?

暑さと冷気は窓から侵入し、暖かさと涼しさは窓から逃げる

寒い住宅の中で、断熱材が使われていない住宅はないはずです。もちろん、断熱材の施工方法やグレードの差もありますが、屋根や壁、床はある程度の断熱がされているはずです。それにもかかわらず、寒い住宅である理由は、窓に断熱性がないからです。

夏、家の中に侵入してくる太陽の熱の多くは、窓を通して入ってきます。冬、暖房の熱の多くは、窓を通して逃げていきます。サッシの隙間から冷房の涼しさが逃げていき、外部の冷気が入ってきます。つまり、窓と玄関ドアや勝手口ドアを断熱化することによって、熱の移動を大幅に抑えることができ、家全体の断熱化ができるのです。

参考サイト 開口部からの熱の出入りは、どの位あるのですか?

もちろん、浴室や、家族の居室など、個別の温熱環境を調えるという目的であれば、窓交換だけで十分な効果が得られます。しかし、家全体の温熱環境を改善したい場合には、全ての窓と玄関ドア、勝手口を全て断熱化する必要があります。

家全体が断熱化されると、暖房をしている部屋と、暖房をしていない廊下や玄関、トイレなどとの温度差が抑えられます。温度差の少ない家の中の環境は、快適なだけではなく、家族の健康にも良い影響を与えます。加えて、光熱費の節約にも繋がります。

窓交換も含めて窓のリフォームはグリーン住宅ポイントが申請できる

窓のリフォームは、窓の数やサイズ、ガラスやサッシの種類、リフォーム方法によって費用が変わります。例えば、アルミ樹脂複合サッシ+Low-E複層ガラスの窓に交換する場合、腰高窓なら9万円~18万円、掃き出し窓なら24万円~30万円といった製品代+工事費がかかります。その為、住宅全体の断熱化を進める場合には、玄関ドアや勝手口ドアの交換も含めると、100200万円のリフォーム費用がかかります。外張り断熱の断熱リフォームと同じような価格帯ですが、窓とドアのリフォームの方が、より高い断熱効果を得られます。

しかし、この費用は決して手軽な金額ではありません。そこで活用したい制度が、グリーン住宅ポイント制度です。

グリーン住宅ポイント制度の対象期間は、令和21215日から令和31031日です。この期間に契約締結されていることが申請条件の一つです。

グリーン住宅ポイント制度は、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図ることと、住宅の省エネ化を進める為に行われています。具体的には、高い省エネ性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、商品や追加工事と交換できるポイントが発行される制度です。

参考サイト グリーン住宅ポイントとは?

対象となる工事は、エコ住宅設備の設置・開口部の断熱改修・外壁、屋根・天井 または 床の断熱改修の3つです。窓や玄関のリフォームは、この3つのうち、開口部の断熱改修にあたります。ガラス交換・内窓設置・外窓交換・ドア交換を、グリーン住宅ポイント制度の対象となる製品を使ってリフォームすると、ポイントが発行されます。

発行されるポイント数は、1箇所あたりのポイント数×施工箇所数です。1箇所あたりのポイント数は、窓やドアの面積によって変わります。例えば、0.1m²以上0.8m²未満のガラス交換には、2,000ポイント、2.8m²以上の内窓設置や窓交換には、20,000ポイント、1.8m²以上のドア交換なら28,000ポイントというような感じです。

詳しくはグリーン住宅ポイント制度の公式サイトでご確認ください。

参考サイト グリーン住宅ポイント制度・開口部の断熱改修

発行されたポイントは、家電やスポーツ用品など、様々な製品に交換できる他、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事の費用としても使えます。グリーン住宅ポイントによる環境対応等住宅需要喚起対策事業の申請申し込みは、 遅くとも2021年10月31日まで(郵送の場合は必着)です。

次の冬は窓のリフォームで寒さに悩まない家で過ごしませんか?

窓屋窓助は、窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店です。

私達は、窓・玄関・エクステリアのリフォームを通じて、地域の皆様の夢や暮らしに貢献させていただきたいと願っています。

窓リフォームの施工事例

玄関ドアリフォームの施工例

玄関ドア商品の検索

いつでも、お気軽にお問い合わせください。