玄関ドアのリフォーム 玄関ドアから引き戸に変えられる?

玄関ドアから引き戸へのリフォーム

 

玄関ドアと引き戸には、それぞれの良さがありますが、玄関周りの環境によっては、玄関ドアから引き戸に変えることで、使い勝手が良くなることがあります。
「両開きのような間口の広い玄関ではないので、引き戸に変えたいけれどあきらめている」というようなことはありませんか?現在の玄関ドアが、片開きドアであっても、引き戸にリフォームする方法があります。現在の玄関ドアに合わせて、交換できる引き戸の可能性を確認していきましょう。

玄関ドアのタイプと交換できる引き戸のタイプの関係

玄関ドアのタイプによって交換できる引き戸が変わります。

片開きドアを引き戸にリフォーム

ドアリモ 片引き込み戸

片開きドアからは、YKKAPドアリモのアウトセット玄関引き戸という片引き込み戸に交換することができます。引き戸は、前方にスペースを開けておく必要がない代わりに、引き戸の横に壁に、引き戸を引き込む幅が必要です。そして間口の狭い片開きドアの場合、2枚の引き戸を重ねて、開閉することができません。そこで、片開きドアから、引き戸に交換する場合には、壁に沿って引き戸を動かして開閉する片引き込み戸を採用します。

親子ドア・片袖FIXドアを引き戸にリフォーム

ドアリモアウトセット玄関引戸 2枚連動引込み戸 施工例 Before

ドアリモアウトセット玄関引戸 2枚連動引込み戸 施工例 Before

ドアリモアウトセット玄関引戸 2枚連動引込み戸 施工例 After

ドアリモアウトセット玄関引戸 2枚連動引込み戸 施工例 After

ドアリモアウトセット玄関引戸 2枚連動引込み戸

ドアリモアウトセット玄関引戸 2枚連動引込み戸

袖付2枚連動引込み戸

袖付2枚連動引込み戸

親子ドアと片袖FIXドアは、片開きドアより間口が広いので、選択肢の幅が広がります。袖付き片引き込み戸、2枚連動片引き込み戸、袖付2枚連動引込み戸に交換できます。

袖付き片引き込み戸と、2枚連動片引き込み戸の違いは、通行の幅です。同じ間口でも、2枚連動片引き込み戸に交換すると、通行の幅が広がり、ベビーカーや車いすでの通行ができるようになります。袖付2枚連動引込み戸はさらに通行の幅が広がります。

2枚連動片引き込み戸や、2枚建ての引き違い戸の場合、通行の幅は間口の約2分の一ですが、袖付2枚連動引込み戸は、通行の幅が間口の約3分の2まで拡がります。

両開きドアから引き戸にリフォーム

ドアリモ玄関引戸 施工例(現代和風)

ドアリモ玄関引戸 施工例(現代和風)

両開きドアは、玄関ドアの中で、最も間口の幅が広いので、2枚連動片引き込み戸、袖付2枚連動引込み戸の他に、2枚建ての引き違い戸にも交換できます。

玄関ドアから引き戸にすると使い勝手が良くなる理由

引き戸より、玄関ドアを使っている住宅の方が多い傾向にありますが、近年、引き戸の人気が高まっています。具体的には、どのような良さがあるのでしょうか?

通行しやすくなる

車椅子や、介助者を必要とする家族の通行のしやすさ、介助のしやすさを考えて、引き戸へのリフォームを計画されるケースは少なくありません。

引き戸は玄関ドアと違い、扉を押さえておく必要がありません。大きな荷物を持っていたり、子供を抱いていたりしても、楽に通行できます。また、ベビーカーを乗り入れる、車椅子に乗っていても、介助者に助けられて、2人並んでいても、2枚連動片引き込み戸や、袖付2枚連動引込み戸、2枚建ての引き違い戸なら、750mm以上の開口部を確保できるので、ストレスなく家への出入りができます。JIS規格の車椅子の幅は、手動は630mm以下、電動は700ミリ以下ですが、親子ドアや袖付きドア、両開きドアから引き戸に交換すると、それより広い間口が実現します。

* 玄関ドアで給付される補助金のほとんどは、玄関ドアだけでは申請できません。ただし、要支援・要介護認定を受けている場合には、玄関ドアのバリアフリー化だけで、介護保険の住宅改修費を申請できます。補助額は、最大18万円、上限を20万円として、対象工事費用の79割が給付されます。

玄関周りをゆったり使える

玄関ドアは、扉を開閉する為、前方にある程度のスペースを空けておかなくてはなりません。その為、玄関先に植物の鉢上などを置いて、玄関周りのインテリアを楽しみたくても、扉の開閉の邪魔になるので、おけないことがあります。

玄関は、家の顔とも言える場所です。自宅に訪れたお客様が、初めて目にする場所なので、見栄え良くしておきたいものです。玄関周りがそれほど広くなくても、引き戸にすれば、デッドスペースがなくなるので、玄関周りの雰囲気作りがしやすくなります。

外観に調和するデザインが揃っている

アウトセット引き戸のデザイン

アウトセット引き戸のデザイン

玄関周りの雰囲気は、玄関ドアや玄関引き戸によって、大きく変わります。玄関周りの雰囲気によって、家全体の印象も変わります。遠くからは、家全体が目に入りますが、近くからは、玄関ドアや玄関引き戸が目に入るものです。

玄関ドアから引き戸にすると、外観デザインに調和しないのでは?と心配されるかもしれません。しかし、和風住宅以外にも、洋風な外観、モダンな外観にも調和するデザインとカラーが揃っているので、必ずご自宅の外観にぴったりなドアが見つかります。

玄関内が明るくなる

玄関ドアにも採光できるデザインがありますが、引き戸はそれよりももっとたくさんの光を取り込めます。

玄関内が暖かくなる

非断熱の玄関ドアに比べると、複層ガラスが使われた引き戸は、断熱性が向上します。近年は断熱窓へのリフォームをされている家庭も増えていますが、実は窓だけでは不十分です。玄関から、熱が出入りしてしまうからです。玄関も断熱すれば、魔法瓶のような状態が生まれ、家全体の温度差が抑えらます。

風を採り入れられる

引き戸の良さの一つは、開ける幅を調節できることです。気候に合わせて、心地よい風を採り入れられます。玄関土間で寛ぐのが好きなペットにとっても、快適な場所になるでしょう。オプションで網戸をつければ、虫が入ってくる心配もありません。

防犯性が向上する

引き戸は玄関ドアに比べると、防犯性が低いのでは?と心配される方もいらっしゃると思いますが、ドアリモの引き戸には、様々な防犯対策が施されています。

こじ開け対策

侵入強盗は、平成15年を境に減少してはいますが、侵入強盗の手口は、巧妙になっているため、まだまだ多くの人々が被害を受けています。戸建て住宅で発生する侵入強盗の経路で、最も多い場所は無締り、2位がガラス破り、3位がドア錠破りです。鍵のかけ忘れを防ぐことが非常に重要ですが、窓や玄関からの侵入を防ぐ必要もあります。

ガラス破りや、ドア錠破りはいずれもドアを不正開錠し、こじ開けて家の中に侵入する犯罪です。そして、侵入強盗犯が、最も嫌うこと、犯罪をあきらめる原因となることは、開錠に時間がかかることです。侵入者の多くは、5分以内に開錠できないと、侵入をあきらめるそうです。そこで、時間をかけないと開錠できないように、ドアリモの引き戸には、4か所に錠が設けられています。

ピッキング対策

ピッキングとは、特殊な器具を使って不正開錠する犯罪です。ドアリモの引き戸には、ピッキングに強いディンプルキーが採用されています。

参考サイト 警察庁 住まいる防犯110番

引き戸へのリフォームが1日で完了するカバー工法

カバー工法は、壁を壊さず、現在の玄関ドアの枠を残し、その上に新しい枠やレール、外額縁を取り付け、新しい引き戸を取り付ける工事です。壁を壊さないので、短時間で施工が完了します。工事の為に、何日も家にいるのは難しい共働きのご家庭でも、1日で完了するので手軽にリフォームできます。

今の玄関ドアの使い勝手が悪いという場合、引き戸へのリフォームで、現在の問題を解決できるだけではなく、その他にもたくさんの使いやすさが得られます。ドアからドアにするべきか、ドアから引き戸にするべきか、迷っている場合は、家族構成、家族の暮らし方、玄関周りの環境、玄関ドアのタイプ(間口の広さ)などを考え併せ、最適な方法でリフォームしましょう。判断がつきかねるという場合には、現地調査の際に、最適なリフォームの方法についてのご提案をさせていただきます。

玄関周りのお悩みも、お気軽にご相談ください。

施工例はこちらからご覧いただけます。

ドアから引き戸への施工事例

窓まわりのお悩みお聞かせください

お電話でのお問い合わせ

0120-973-512

窓屋窓助

  • 本店
    〒940-2127 
    新潟県長岡市新産4-4-2
  • 新潟出張所
    〒950-0917 
    新潟県新潟市中央区天神1-1
    プラーカ3 2F HUB STATION KENTO内
©窓屋窓助 / 株式会社新産
お気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください。0120-973-512
LINEで相談
メールでお問い合わせ
PAGE TOP
MENU