玄関の断熱には土間よりドアのリフォームが効果的

玄関の断熱には土間よりドアのリフォームが効果的

玄関が寒い冬になるとそんな悩みが出てくる住宅は少なくありません。玄関が寒くなってしまう原因には土間の冷え、隙間風、熱を逃がす玄関ドアなどが挙げられます。それぞれの原因を解決して玄関の断熱性を高めることはできるのでしょうか?

寒い玄関を暖かい玄関にするリフォームの方法について考えていきましょう。

玄関を寒くする土間の冷え

玄関を寒くする土間の冷え

玄関が寒くなる原因の一つは土間の冷えです。土間が冷える原因には、土間に使われる素材が冷える素材であることと、床下の断熱施工が不十分であることが挙げられます。

土間に使われるおもな床材の種類

土間は靴を脱ぎ履きする場所です。雨の日には靴底についた泥汚れが持ち込まれることもあり汚れやすい為、ほとんどの土間には水で洗い流せる素材が使われています。

具体的にはタイル、コンクリート、モルタル、天然石などが使われています。タイルや天然石はキッチンや浴室、テラスなどにも使われる水に強い素材です。タイルは色や柄が豊富なので、おしゃれな玄関土間にしたい人には人気があります。

コンクリートはセメントと砂と砂利と水を混ぜ、粗骨材と呼ばれる粒子の大きな砂利を加えた素材で、無機質でシンプルな雰囲気です。モルタルはセメントと砂と水を混ぜ合わせ、細骨材と呼ばれる粒子の細かい砂を加えた素材で、左官職人がコテを使って仕上げます。

どの素材も、フローリングやコルクなどの温もりを感じる素材とは違い、ヒヤッとした感触があります。その為、どうしても玄関の土間は冷える場所になってしまいます。

土間の冷えを解決する方法

土間の冷えを解決する方法には、リフォームをする方法とドアマットを敷く方法があります。

床材を張り替える

冷える素材ではなくフローリングやクッションフロアなど温もりのある床材に張り替える方法が考えられます。ただ、フローリングにすると水で洗い流せない上に、汚れがつきやすく、クッションフロアにすると安っぽい雰囲気になってしまう恐れがあります。

部分断熱をする

部分的な床下断熱をするという方法があります。この方法はお気に入りの玄関の床材をそのままにして断熱することもできます。ただ、住宅全体の床下断熱をする際にいっしょにするという場合には有効ですが、玄関土間だけでは、費用対効果が良いとは言えません。

DIYで断熱材を床に敷き込むリフォームをする

断熱材を敷きその上からベニヤ板とクッションフロアを貼るという方法です。業者に依頼する床下断熱や床材の張替えより費用は抑えられますが、手間がかかります。

ドアマットを敷く

せっかくおしゃれなタイルの土間なのに、断熱材を敷き込むのは嫌、DIYができる人がいないという場合には、ドアマットを敷く方法があります。完璧に断熱できる訳ではありませんが、多少は冷えを改善できます。

玄関を寒くする玄関の枠とドアの間の隙間

隙間から冷気が侵入する古い玄関ドア

築年数の長くなった家や地震の影響を受けた家では、目には見えない歪みが生じていることがあります。歪みが生じると、玄関ドアや窓、家の中の出入り口の開閉がし難いという状態になってしまいます。

同時にドアの枠や窓の枠と、扉や窓の間に隙間が生じ、そこから外部の冷気が流れ込んできたり、家の中の暖かい空気が逃げていったりしてしまいます。

また、現在は少なくなっていますが、玄関ドアや袖にポストがついているタイプの玄関ドアだと、その部分からも冷気が侵入したり暖かさが逃げたりします。その結果、玄関ドアを閉じているのに寒いという状態になってしまうのです。

玄関ドアからの冷気は室内のドアの下に換気のために敢えてつけられている隙間を通って、リビングや洗面所にも侵入していくので、家中の室温にも影響があります。

隙間風を解決する方法

玄関ドアや窓専用の隙間テープを貼り隙間風を防ぎます。ワンシーズンごとに張替えが必要であり、見た目も悪くなってしまいます。

玄関を寒くする玄関ドアは断熱ドアに交換

玄関を寒くする古い玄関ドア

玄関ドアの中には家の中の暖かさを逃がし、外部の冷気の影響を受けて冷たくなってしまう断熱性のないタイプがあります。築年数の長い家では断熱性のある木製玄関ドアが使われていることもありますが、断熱性のない玄関ドアが使われていることもあります。

木製玄関ドアなのに寒いという場合には、ドア枠と扉の間に隙間ができていることも考えられます。断熱性のない玄関ドアで隙間も生じているとさらに寒い玄関になってしまいます。ドアからも隙間からも暖かさが逃げ、冷気が入ってくるからです。

このような状況を解決する為には断熱性のある玄関ドアの交換することが最も効果的です。

建付けの悪さが改善され隙間がなくなる

玄関ドアの交換はカバー工法という工事で行われます。玄関ドアや袖を取り外した後、残っている既存の玄関の枠の上に新しい枠を取り付けるという方法です。その枠の上にぴったりと新しい玄関ドアを取り付ける為、隙間がなくなります。

玄関ドアの面からの熱の出入りがなくなる

断熱玄関ドア本体の内部には断熱材が充填されています。さらにガラス部分には複層ガラスが使われています。この2つの断熱対策によって玄関ドアの面から室内の暖かさが逃げてったり外部の冷気が侵入してきたりすることがなくなります。

地域的に寒さが厳しい、玄関の向いている方角のせいで周辺の住宅より玄関が冷えるというような場合には、ドア本体の断熱材に加えて枠断熱ラインや気密材、Low-E複層ガラスが使われているより断熱性の高いタイプもあります。

玄関ドアの交換が床材の交換や隙間風対策より優れている理由

施工前
施工後

新潟市 断熱ドア+とっても便利なスマートコントロールキー

床材を交換したり玄関の土間部分だけを床下断熱したりするだけでは、玄関内の空間から完全に寒さを解消することはできません。さらに床材交換は交換する素材によっては、シミになる掃除がし難いなどの新たな問題を引き起こす可能性もあります。

隙間にテープを貼る方法は、隙間風対策にはなりますが、ドアの面からの熱の出入りは防げません。加えて、見た目が悪いという問題もあります。

玄関ドア交換なら、面からも隙間からも熱の出入りを防ぐので、玄関内の空間の寒さを改善できます。土間も玄関ドアからの熱の出入りが抑えられるので、ひんやり感が抑えられます。玄関ドアからの冷気の侵入がなくなるということは、リビングやキッチン、洗面所への冷気の伝わりもなくなります。

玄関が冷えていると、リビングのドアの開閉に神経質になったり、家族の誰かがリビングのドアを開けると冷たい風が入ってきたりということがなくなります。

家中の窓が断熱されている住宅で、玄関ドアだけが非断熱のままであった場合、せっかくの窓の断熱性が玄関ドアのせいで十分に効果を発揮できません。窓が熱の出入りを抑えても、玄関ドアから熱が出入りしてしまうからです。

玄関ドアを断熱化することで家中の熱の出入りが抑えられ、魔法瓶の中のような空間が生まれます。その結果、リビングと玄関や廊下、トイレなどの暖房をしていない場所との温度差も、暖房をつけている時間帯と朝、暖房が効き始める前の時間帯との温度差も抑えられます。

断熱のポイント

省エネ住宅の基本は、住宅全体で外気に接している部分(床・外壁・天井又は屋根)を、断熱材で隙間なくすっぽりと包み込むことです。

隙間があると、熱が室内から室外へ逃げたり、その逆に、室外からの熱が室内に侵入したりすることになります。断熱性能の低い壁の室内側の表面には温度差が発生しやすく、結露の原因になる場合があります。

 

開口部の断熱

住宅の断熱で重要なのが、開口部の断熱性能を高めることです。なかでも窓は、熱の出入りが大きいので、断熱上の重要なポイントとなります。

冬の暖房時に、室内に逃げ出す熱の約6割が窓などの開口部からで、夏の冷房時に、室外から侵入する熱の約は、約7割は窓などの開口部からです。

引用:経済産業省 資源エネルギー庁 住宅による省エネ

YKKAPのカタログに掲載されている家全体の温度差の比較を持て見ましょう。一概にはこの計測された数字がすべてという訳ではありませんが、開口部の断熱によって家の中の温度差が抑えられることが分かります。

地域 東京

住宅の条件 2階建ての戸建て住宅 延べ床面積が120,08㎡、開口部の面積は32,2

空調設定 暖房22

断熱性能 断熱性のない玄関ドア+アルミ単板ガラスの窓

玄関ホールの温度 9,1℃ リビングの温度 22,0度 温度差 12,9

断熱性能 D2仕様の玄関ドア+内窓プラマードU Low-E複層ガラス+外窓アルミ単板ガラス

玄関ホールの温度 12,5℃ リビングの温度 22,0度 温度差 9,5

引用:YKKAPドアリモ ドアリモ 玄関ドア D30 WEBカタログ 33P

玄関が寒い、何とかしたい…という場合には、玄関ドアの断熱で寒さを改善できます。「エアコンの暖かさも届かず密閉された空間ではない玄関なのに、ドアを断熱しただけで効果が出るのだろうか…?」と疑問を感じる方もいらっしゃると思いますが、確実に効果が得られます。

コラム 玄関ドアの断熱に意味があるの?寒さの原因は?

このような状態になると冷暖房の効率が上がると共に、冷暖房をする時間帯が短縮されるため、省エネ性も向上します。

玄関が寒いどんな悩みを解決し快適な玄関にする最適な方法は玄関ドアの交換です。交換の際には、風通しを良くする通風機構のついた玄関ドアを選ぶことも。便利なスマートキーを導入することもできます。

風通しに良い家にしたいという思いがあっても、窓の位置は変えられないし、間取りを変えるとリフォーム費用が嵩むから仕方がないとあきらめていませんか?玄関ドアの交換で風通しの良い家が生まれます。

コラム 風通しの良い家は間取りを変えなくても実現する

玄関ドアのリフォーム費用には、製品代と工事費が含まれていますが、オプション料金は含まれていません。その為、オプションによって最終的なリフォーム費用が変わります。スマートキーを選んだ場合の価格やスマートキーの種類を確認していきましょう。

コラム YKKAP 玄関ドアの鍵をスマートキーにする為の価格

今年の冬こそ寒くない玄関にし、玄関からの冷気がリビングや廊下までも寒くする状況を解決しませんか?ぜひ私たちにそのお手伝いをさせて下さい。

窓屋窓助は、窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店です。

私達は、窓・玄関・エクステリアのリフォームを通じて、地域の皆様の夢や暮らしに貢献させていただきたいと願っています。窓や玄関での断熱を検討される際には、ぜひご相談ください。お住まいに合わせた最適なプランを提案させていただきます。

 

玄関ドア商品の検索

今月はお得に玄関ドアのリフォームができるキャンペーンです。

5月のキャンペーン

8月のキャンペーンはとってもお得な選べるキャンペーン!

窓屋窓助では標準価格に加えてお値引きなどが効くキャンペーンも行っております。ぜひご利用ください。

 

監修者情報

窓屋窓助編集部

窓屋窓助編集部

窓屋窓助では、「価格だけ」「デザインだけ」のプランではなく、お施主様のお悩み・ご希望から、その後の暮らしを大切に考え、その人にとって最高の“窓・玄関・エクステリアリフォーム”を完成させて頂きます。

詳しいプロフィールはこちら