玄関ドアはリフォームで引き戸にも交換できる?

玄関ドアはリフォームで引き戸にも交換できる?

玄関ドアのリフォームを検討する際に、ドアから引き戸に替えることで玄関の使い勝手が向上することがあります。ただ、現在のドアの幅、玄関ドア周辺の状況によっては、引き戸への交換ができないこともあります。

引き戸にする為に必要な条件、引き戸にした場合の玄関ドアとの使い勝手の違いについて確認していきましょう。

玄関ドアを引き戸に替える為の工事方法と条件

玄関引き戸 カバー工法

玄関ドアを引き戸に変更したい場合、工事の方法によって条件と費用が変わります。

玄関ドア交換工事の方法

玄関ドアを交換する場合には、主に2つの工事方法があり、工事方法の違いによって工事可能な範囲、かかる日数、費用が大きく変わります。

壁を壊す工事

玄関ドアを取り外すだけではなく、玄関ドアの枠も取り外す工事の方法です。玄関枠も取り外すので壁を壊します。その為、間口への制限がなくなりますが、同時に耐震性が低下するリスクも発生します。

また壁を壊す場合には、床材や玄関内部のクロスの張替えなどが発生することに加え、壁を壊す部分が大きくなればなるほど、工事費、廃棄物の処分料が高額になっていきます。間口を拡げず、玄関ドアの枠を取り外すだけでも、100万円以上、壁を壊す範囲を拡げるなど、ケースによっては200万、300万もの費用が発生します。

また、工事には電気工事、内装工事なども必要になる為、多くの職人さんがかかわります。職人さんのスケジュール調整がうまくいかなければ、1週間以上かかってしまいます。

カバー工法

今ある玄関ドアの枠を残し、その上に新しい枠を取り付ける工事の方法です。玄関ドアの製品代と工事費だけです。防火ドアは40万円を超えることもありますが、カバー工法でのおおよその費用は20万円から40万円です。

複数の業者がかかわらないので、職人さんのスケジュール調整が必要ありません。その為、1日で工事が完了します。ただ、カバー工法では、玄関ドアから引き戸やスライデイングドア、引き戸から玄関ドアへの交換には、基本的な必要条件があります。

カバー工法で交換する為の条件

工事の種類によって条件が変わります。

玄関ドアを玄関引き戸交換

  • 現在の玄関ドアの枠の間口に収まる寸法であること
  • または、玄関ドアの横の壁にスライディングドアを引き込めるだけの幅があること

玄関引き戸を玄関ドア交換

  • 現在の引き戸の前方に扉を開けるだけのスペースがあること

玄関ドアから玄関引き戸に交換できるドアの種類

交換の為の条件を踏まえた上で、具体的な目安について確認していきましょう。

片開きドア・片袖ドア・親子ドア→スライディングドア

片開きドアはすべての玄関ドアの中で、最も間口の狭いタイプです。片袖ドア、親子ドアも引き込み戸2枚分の間口を備えていません。その為、片開きドア・片袖ドア・親子ドアから2枚建て引き戸への交換はできません。

ただ、引き込み戸を壁に沿って収納するタイプのスライディングドアであれば、引戸に交換できます。ただしこの場合には、玄関ドアの横の壁に引き込み戸を引き込めるだけの幅が必要です。コの字型に凹んでいる玄関ドアの場合には対応できません。

YKKAPドアリモのスライディングドアはアウトセット引き戸という名称です。玄関ドアの枠の幅によって3つのタイプが用意されています。

片開きドア→袖のない片引き込み戸

片引き込み戸 施工事例

片引き込み戸

3尺間口に取り付けられます。袖はありませんが、玄関内を明るくしたい場合には採光できるデザインがあります。

親子ドア・袖付きドア→袖付き片引き込み戸

片引き込み戸袖付き 施工事例 片引き込み戸袖付き

4.5尺間口に取り付けられます。

親子ドア・袖付きドア→2枚連動引き込み戸

2枚連動片引き込み戸 施工例

4.5尺間口に取り付けられます

片袖親子ドア・両開きドア→2枚建て引き戸・袖付き2枚連動引き戸

片袖親子ドアは、親扉と子扉と袖が組み合わされている玄関ドア、両開きドアは片開きドアが組み合わされている玄関ドアです。十分な間口があるので、2枚建ての引き戸、又は袖付き2枚連動引き戸に交換できます。

2枚建て引き戸

2枚建て引き戸

昔からある一般的な2枚の引き違い戸で構成されている引き戸です。

袖付き2枚連動引き戸

袖付き2枚連動引き戸

2枚連動引き込み戸は、袖と2枚に引き込み戸で構成される引き戸です。引戸は、間口は広いのですが、引き込み戸を取り払わない限り、通行の幅は片開きドアと同じだけしかありません。その為、介助者付きでの車椅子の通行がしにくいという問題点がありました。

一方、2枚連動引き込み戸は、袖に2枚の引き込み戸を重ねられるので、通行の幅が拡がります。2枚建て引き戸では間口のおよそ二分の一が通行の幅ですが、2枚連動引き込み戸には、間口のおよそ三分の一の通行の幅が得られます。

 

 引き戸は玄関ドアに比べると幅が広いので、製品価格が玄関ドアより高めです。また、断熱性や防犯性は低さが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?引き戸のリフォームを成功させるためのポイントを確認していきましょう。

コラム 玄関リフォームでの引き戸の価格とYKKAPの特徴

玄関ドアを引き戸にすると得られる使い勝手の良さ

引戸には玄関ドアにはない使い勝手の良さがあります。

出入りがしやすくなる

玄関ドアが接している道路との距離が近い場合、門扉との距離も短くなり、開き戸の前方に十分なスペースがとれません。その結果、開け閉めがし難い玄関になってしまいます。特に大きな荷物を搬入する、ベビーカーを乗り入れる、子どもを抱いているというような状況の場合には、非常に使い勝手が悪くなってしまいます。

引戸には前方に開く扉がないことに加えて、押さえていなくても開いている状態を維持できるので、スムーズに通行できます。

バリアフリーにしやすい

玄関ドアの場合も、片袖ドアを親子ドアにする、両開きドアを袖付き親子ドアにするなどの方法で、玄関ドアの枠のサイズを拡げなくても、通行の幅を拡げる方法はあります。ただ、引き戸の場合には、通行の幅を拡げるだけではなく、段差を解消する工事も同時に行えます。

段差が解消されると車椅子での通行が楽にできるようになるので、バリアフリー化に役立ちます。

玄関ドア前方のスペースを活用できる

玄関ドアの場合、扉の開くスペースには何も置けませんが、引戸であれば、傘立てや植物の鉢などを置けます。雨の日には自転車を玄関の軒下に置いておいても出入りできます。

採光しやすい

玄関ドアにも採光窓がついたデザインはありますが、引戸ほどのガラス部分の多さではありません。特に袖付きタイプは袖全部がガラスなので、明るさを十分に採りこめます。

玄関ドアの方が引き戸より勝っている点

たくさんの使い勝手の良さがある引き戸ではありますが、玄関ドアと比較した場合、防犯と断熱という点は玄関ドアには敵いません。もちろん、引戸にも十分な防犯性と断熱性が備えられていますが、玄関ドアほどの高さではないのです。

引戸の良さばかりに目を奪われて、実際に引き戸に交換してみたら玄関ドアの方が良かったということにならないよう、玄関ドアの方が引き戸より勝っている点についても確認しておきましょう。

断熱性

一般的な引き戸の場合、ガラスと格子、引き込み戸と引き込み戸、引き込み戸とレールなどとの間の隙間が多くあり、そこから暖房の熱が逃げ、外部の冷気が侵入してきます。その結果、玄関ドアほどの断熱性はありません。

ただ、YKKAPドアリモの玄関引き戸は、全面ガラス構造で造られています。また、ガラスには複層ガラス、Low-E複層ガラスが使われています。その為、玄関ドアほどではありませんが、高い断熱性を備えています。

防犯性

従来の玄関引き戸は防犯性が高いとは言えませんでしたが、YKKAPドアリモの玄関引き戸は、ピッキング対策として高性能なディンプルキー、こじ開け対策として5か所の錠、サムターン回しを防ぐ脱着シフターという防犯対策が標準仕様です。

玄関ドアと比較してしまうと、玄関ドアの方がより高い防犯性能を持っていることは否めませんが、十分な防犯性能は備えています。

■ 玄関ドアのリフォームを検討する際、引き戸に変えたいという希望は少なくありません。引き戸には玄関ドアにはない利便性があるからです。防犯性が低下するのではないか?鍵にリモコンキーなどの電気錠は使えるのか?間口は足りるのか?など、引き戸に交換することへの不安や疑問を解決して、引き戸へのリフォームを成功させましょう。

コラム 玄関ドアを引き戸に交換するリフォームのポイント

玄関ドア・玄関引き戸・スライディングドアへリフォーム

玄関ドアにも玄関引き戸にもそれぞれ私たちの暮らしやすさに貢献する特徴があります。大切なことは、玄関内と玄関周りの環境に合わせて、最も適しているできる出入り口として、引戸にするか、玄関ドアにするかを選ぶことです。

玄関引き戸から玄関ドアへの交換をされたお客様も、玄関からスライディングドアに交換されたお客様も、使い勝手の良さを満喫されていらっしゃいます。

施工前
施工後

 

長岡市 玄関ドア交換工事~引戸をドアへ交換!

施工前
施工後

 

引戸から2枚連動袖付き片引き戸でバリアフリーな玄関へリフォーム in 燕市

施工前
施工後

玄関ドアのリフォームをご検討される際には、最適な玄関の出入り口を選べるよう、私たちにお手伝いさせてください。使い勝手の良い玄関にして快適な毎日にしませんか?

窓屋窓助は、窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店です。

私達は、窓・玄関・エクステリアのリフォームを通じて、地域の皆様の夢や暮らしに貢献させていただきたいと願っています。窓や玄関での断熱を検討される際には、ぜひご相談ください。お住まいに合わせた最適なプランを提案させていただきます。

玄関ドアリフォームの施工例

玄関ドア商品の検索

 

監修者情報

窓屋窓助編集部

窓屋窓助編集部

窓屋窓助では、「価格だけ」「デザインだけ」のプランではなく、お施主様のお悩み・ご希望から、その後の暮らしを大切に考え、その人にとって最高の“窓・玄関・エクステリアリフォーム”を完成させて頂きます。

詳しいプロフィールはこちら