YKKAP玄関ドアのスマートキーは機能がより向上!

YKKAP玄関ドアのスマートキーの機能がより向上!

YKKAPの玄関ドアにつけられるスマートコントロールキーが生まれ変わりました。昨年度、新築用新スマートドアとして発表されましたが、今年度からはリフォームの際に交換するドアリモの玄関ドアにも、新しいスマートコントロールキーに変わります。より使いやすさと安全性が向上した新しいスマートコントロールキーをご紹介します。

YKKAP玄関ドアのスマートキー「スマートコントロールキー」

玄関ドアのカギをリモコンやカードで施解錠するスマートキーのYKKAPの名称はスマートコントロールキーです。新しくなった機能は主に3つあります。

締め出し防止の非常用手動キー

新しいスマートコントロールキーの大きな特徴の一つは、リモコンキーにもタグキーにも非常用手動キーを内蔵させたことです。停電や電池切れ、破損による締め出しを防止します。

わかりやすい音声ガイダンス

鍵の登録やオートロックの設定などが簡単に間違いなく行えるよう、ドアハンドルに音声ガイダンスが搭載されました。設定以外にも、電池切れやメンテナンスの時期を音声でお知らせされます。

スマートコントロールキー専用アプリ

スマートコントロールキー専用アプリをダウンロードすると、およそ3メートル以内であれば、玄関ドアから離れていても、玄関ドアの設定や登録ができます。リビングに座ってゆっくり登録や設定の状況を確認するというような感じです。

ポケットKey

ポケットKey

スマートコントロールキーにはリモコンキーとタグキーがありますが、ポケットKeyは、リモコンキーとタグキーが両方使えるスマートキーです。リモコンキーは、バッグやポケットから出さなくても、ドアハンドルについているボタンを押すだけで、玄関ドアの施解錠ができます。タグキーはハンドルに近づけるだけで玄関ドアの施解錠ができます。

その他にスマートフォンでアプリを使ってリモコンを操作する、少し離れた場所から車のキーのように施解錠するなどの使い方ができます。

ピタットKey

 

タグキー

新しいスマートコントロールキーでは、今までのカードキーとシールキーに変わってタグキーが使われます。カードキーやシールキーの場合、外出先で破損してしまった場合、帰宅時に鍵を開けられず、家の中に入れないという事故が発生したことがあります。また、電池切れ、停電で鍵が開けられなかったというケースもあります。

そのような事故を防ぐ為に開発された鍵がタグキーです。タグキーの中に非常用手動キーが内蔵されているので、タグキーを破損してしまった、電池切れや停電が起きたという場合にも手動キーを使って玄関ドアを施解錠できます。

使い方は今までと同じで、カードキーやシールキーの代わりに、タグキーをドアハンドルに近づけるという方法の他に、スマートフォンでアプリでも施解錠できます。

参考サイト YKKAP ニュースリリース 「新スマートドア」発売

■ YKKAPのスマートコントロールキーは後付けできないので、導入には玄関ドアの交換が必要です。玄関ドアを交換する際に断熱ドアにすると、冬の寒さが緩和されます。

コラム 断熱ドアを玄関につけるとどんな効果があるの?

ドアリモで顔認証キーも利用できる?

新しいスマートコントロールキーには、AC100V式のスマートコントロールキーにだけ顔認証キーも追加されています。顔認証キーとは玄関ドアの前に登録済みの家族が立つと、顔認証ユニットが顔を読み取り施開錠するシステムです。音声ガイダンスがついているので、指示に従うだけで、簡単に登録できます。

ただ、顔認証キーも、ポケットKeyと同じように玄関ドアを施解錠するだけで、ドア自体は出入りする人がドアハンドルを操作しなくてはなりません。ポケットKeyも、ポケットやバッグから鍵を取り出さなくても施解錠できるので、施解錠に関する違いはドアハンドルのボタンを押すか押さないかということだけです。

まだ新しいシステムなので価格も高額で、新築用玄関ドアヴェナートの場合は、ポケットKeyにプラス8万円で顔認証キーにできます。電気式AC100Vのスマートコントロールキーの場合の価格も、その程度のプラス費用が必要になると考えられます。

電池式と電気式の違い

ドアリモのスマートコントロールキーには、電池式と電気式があります。使い勝手はほとんど同じなのですが、いくつか違いがあるので確認しておきましょう。

電池式

メリット

■ 配線工事が不要なので取り付けが簡単です。また停電時に鍵が開かなくなるという心配がありません。

デメリット

■ 顔認証キーとmimottoが使えません。ドアホンとの連動もできません。

AC100V

メリット

■ 家庭用電源のAC100Vで駆動するので、電池交換が不要です。

■ 顔認証キーをつけられる

顔を認証するだけで玄関ドアの施解錠ができます。

■ mimottoが使える

YKKAP mimotto

ミモットはスマートフォンと連携する戸締り安心システムです。外出時にスマートコントロールキーでドアを施錠すると、窓の鍵の閉め忘れがお知らせされます。また、家から一定以上離れた時、玄関ドアや窓に閉め忘れがあった場合、お知らせされます。子どもが帰宅して鍵を開けると仕事先に通知されるので安心です。

参考サイト 戸締り安心システム ミモット

■ ドアホンと連動できる

スマートフォンとスマートコントロールキーとドアホンを連動させると、家の中でドアホンを操作できる場所から離れていても、スマートフォンで来訪者を確認し、玄関ドアの施解錠ができます。

家の中の配線の状況によって、ドアホンとスマートコントロールキーを繋げられて、専用の変アダプターを設置することができれば、外出先でも、スマートフォンを通じて玄関への来訪者への応対をしたり、帰宅した子どもと話したりすることもできます。新築の場合は、これらの連動に配慮して配線計画が建てられますが、リフォームの場合は、配線の状況によっては、不可能な場合もあります。

電気式にして、あらゆるメリットを活用したいという希望がある場合には、現地調査の際に希望する使い方を伝え、可能か不可能かを判断してもらうことが大切です。

参考資料 玄関ドアをもっと便利にもっと快適に

 玄関ドアの交換リフォームをする際には、補助金が利用できます。

コラム こどもみらい住宅支援事業の補助金で暖かい家を実現

参考サイト こどもみらい住宅支援事業

電池式と電気式に共通するスマートコントロールキーの特徴

玄関の施解錠に関しては、電池式と電気式に共通する使いやすさがたくさんあります。

手動キーを使わなくても施解錠できる

リモコンキー

暗くなってから帰宅すると、鍵穴が見えず鍵を開けるのに苦労するという状況がなくなります。また、ゴミ出しや回覧板などで家を出る際に、すぐ戻るからと思い鍵をかけないという悪習も、ボタンを押すだけで施解錠できるので煩雑さがなくなり改善できるのではないでしょうか?

両手が塞がっていても施解錠しやすい

顔認証ほどではありませんが、リモコンキーはドアハンドルのボタンを押すだけ、タグキーはドアハンドルに近づけるだけで施解錠できます。子どもを抱いていたり、両手に荷物を持っていたりしても、手動キーほどの手間はかかりません。

帰宅時の施錠忘れを防げる

オートロック機能

帰宅時には家に帰りついた安心感があります。また、急いで夕食の準備を始めなくては問う焦りがある日もあります。そんな時に、つい施錠を忘れてしまうと、防犯性が低下します。スマートコントロールキーの玄関では、帰宅時のオートロックの設定ができるので、施錠忘れを防げます。

リモコンキーやタグキーを失くしてもドアハンドルを交換する必要がない

紛失しても再登録できるスマートキー

手動キーの場合、鍵を失くしてしまうと、防犯的な観点からシリンダーを交換しなくてはなりませんでした。その結果、鍵を失くすと、手間がかかるだけではなく、出費も嵩んでしまいます。スマートコントロールキーは、家族の誰かがリモコンやタグキーを失くしてしまったとしても、登録をし直せば、リモコンやタグキー、シリンダーが内蔵されているドアハンドルを交換する必要はありません。

窓屋窓助の玄関ドアのお見積もりに中にあるオプションのスマートコントロールキーは、電池式の価格が表示されていますが、ご希望があれば電気式のお見積もりも出せさて頂きます。

前述したように、家の中の配線の状況によりドアホンとの連動によるすべての使い方ができない場合もありますが、その際は工事前にお知らせしますのでご安心ください。スマートコントロールキーが使えて、玄関の寒さや暗さ、換気の悪さを解決できる断熱玄関ドアへのリフォームを検討される際には、ぜひお手伝いさせてください。

窓屋窓助は、窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店です。

私達は、窓・玄関・エクステリアのリフォームを通じて、地域の皆様の夢や暮らしに貢献させていただきたいと願っています。窓や玄関での断熱を検討される際には、ぜひご相談ください。お住まいに合わせた最適なプランを提案させていただきます。

玄関ドアリフォームの施工例

玄関ドア商品の検索

監修者情報

窓屋窓助編集部

窓屋窓助編集部

窓屋窓助では、「価格だけ」「デザインだけ」のプランではなく、お施主様のお悩み・ご希望から、その後の暮らしを大切に考え、その人にとって最高の“窓・玄関・エクステリアリフォーム”を完成させて頂きます。

詳しいプロフィールはこちら