断熱リフォームは壁や床?それとも窓と玄関?

断熱リフォームは壁や床?それとも窓と玄関

築年数が長い家では「夏は暑く冬は寒い」という季節の温度変化を、もろに受けてしまう室内環境になってしまうことが少なくありません。寒さ、暑さを何とかしたいという時に、壁や床、窓の断熱リフォームを検討される方は多いと思います。では、費用を抑え、高い効果を得る断熱リフォームにはどのような方法が向いているのでしょうか?補助金は受けられるのでしょうか?

 断熱リフォームを天井、壁、床でする方法

新築当時にはこれほどではなかったのにという家もあれば、新築時から十分な断熱性を備えていなかった家もあります。その理由として考えられることは、新築時に設置した断熱材が経年で劣化する、新築時に不適切な断熱性能だった為に隙間ができたり、落下したりするといったことが挙げられます。そのような状況を改善する為には、天井、壁、床すべてに断熱リフォームをするという方法が考えられます。

断熱リフォームを天井、壁、床でする場合のおおよその費用

天井の断熱リフォームは天井裏に断熱材を敷き込む、又は綿状の断熱材を吹き込むという方法で断熱効果を得ます。天井裏から工事ができれば、天井を取り外す必要がないため、他の部位に比べて費用が抑えられます。住宅の構造によっては、天井を取り外さなくてはならず、その場合には費用が嵩みます。ただ、その場合でも、一般的な広さの家であれば、7万円程度ででき、天井を取り外したとしても、20万円を超えることはほとんどありません、

床の断熱も、解体せずに工事ができるリフォームです。床の開口部から床下に入り、断熱材を床下に貼り付けるだけなら、2030万円程度です。ただ、床断熱のリフォームの際には、床の張替えを同時にすることが多く、その場合にはおよそ80万円~120万円の費用がかかります。

壁の断熱リフォームには、外張り断熱工法と内断熱工法があります。外張り断熱工法は外壁の外側に断熱材を貼り付ける方法、内断熱工法は内壁と外壁の間に断熱材を充填する方法です。外張り断熱工法では足場を組む費用、内断熱工法では解体費用、処分費用なども発生します。その為、屋根や床に比較すると費用が嵩み、およそ100万円~150万円の費用がかかります。費用に幅がある主な理由は、断熱材や外壁用の建材のグレードの違いです。

断熱リフォームに対する木造住宅の断熱の考え方

プラマードU 寝室

断熱リフォームは、どこかの部位だけすれば費用が抑えられます。ただ、それではせっかくリフォームをしても、リフォームをした部分の効果を、十分に得ることはできません。住宅の断熱とは、外皮と呼ばれる「外気に触れる家の外側を包む部分」からの熱の出入りを遮ることです。部分的に高い断熱性能を持たせても、他の部分から熱が出入りしてしまえば、理想的な温熱環境は生まれません。

冬は暖かさを逃がさず冷気を侵入させない、夏は涼しさを逃さず暑さを侵入させない為には、全ての部位において、熱の出入りが抑えられていなくてはなりません。それができていれば、家の中は魔法瓶のような状態になり、最小限の冷暖房で季節に応じた快適な室温を維持できます。

つまり屋根、壁、床の断熱リフォームで家全体を理想の温熱環境にする為には、全てを断熱化しなくてはなりません。全てを断熱化する為には、200万円から400万円の費用がかかります。ではそれほどの費用をかけなくても十分な断熱効果を得られる方法はないのでしょうか?

参考資料 断熱設計の考え方 – 東京都環境局

■ ワンシーズンごとの対策にはもう疲れた…という人は、より確実な窓のリフォームを計画しませんか?二重窓なら手頃な価格で結露も冷気も解決できます。

コラム 窓の結露防止と冷気遮断は窓の断熱リフォームで解決

住宅への熱の出入り

窓からの熱の出入り

家の中から逃げていく暖かさの半分近くは、窓やドアから逃げていくことをご存知でしょうか?どんなに屋根や壁、床の断熱性を上げても、窓やドアが断熱されていなければ、冬は暖かさが逃げていき、冷気が侵入してきます。夏は涼しさが逃げていき、暑さが侵入してきます。屋根、壁、床よりもガラスは薄いので熱の出入りが多いことに加え、サッシの隙間からも熱が出入りすることが、他の部位に比べて熱の出入りが多い理由です。

屋根から逃げていく熱はわずか5パーセント、床からは7パーセント、外壁と換気扇からはそれぞれ15パーセントであるのに対し、開口部からは58パーセントもあります。夏場に侵入してくる熱の量はさらに多く、73%もの熱が窓や玄関ドア、勝手口ドアから侵入してきます。つまり、屋根、壁、床の断熱リフォームだけではその効果が活かされず、窓やドアの断熱もしなければ、理想の温熱環境は得られないのです。

開口部の断熱は効果が高く費用は抑えられる

では、ここで視点を変えて考えてみましょう。住宅全体の窓とドアを断熱化する場合にかかる費用は、窓の数やサイズ、開き方タイプ、断熱機能の高さによって変わってきます。例えば、北海道で使われているような高断熱樹脂窓に交換すると費用は嵩みます。一方、一般的なサイズの家で考えた場合、アルミ樹脂複合サッシと複層ガラスの内窓設置であれば、およそ100万円以内で家中の開口部を全て断熱化させられます。

予算に制限がなく屋根、壁、床、開口部の断熱を全てできれば、最も理想的な環境が生まれます。ただ予算に制限があり、全てはできないという場合には、開口部の断熱が快適な室内環境を調える上で最も効果的です。

日本建材・住宅設備産業協会 開口部からの熱の出入りは、どの位あるのですか?

 窓のリフォームにも、断熱リフォームにも、いくつかの方法があります。その中で、窓交換は、最も高い効果が得られるリフォームです。窓のリフォームから得られる効果も、断熱リフォームから得られる効果も、両方得られます。

コラム 窓交換は最強の断熱リフォーム

 断熱リフォームを開口部でする方法

プラマードU 

断熱化を開口部でする方法とは、家中の窓と玄関ドア、勝手口のある住宅では勝手口のドアも含め、断熱性を向上させるリフォームです。

玄関ドアの断熱化

玄関ドアの中には、アルミの断熱機能のないタイプと、複層ガラスと「断熱材が充填されているドア本体」が組み合わされた断熱タイプのD4仕様、Low-E複層ガラスと断熱材の他に、気密材や枠断熱ラインが使われた高断熱タイプのD2仕様の玄関ドアがあります。

地域の気候、玄関ドアの向きや敷地周辺の環境に合わせて、D4仕様、又はD2仕様を選び、玄関ドアを断熱化させます。

 多くのメーカーが、優良な玄関ドアを開発・販売していますが、その中で、最も人気がある玄関ドアが、ykk 玄関ドアです。多くの人がykk 玄関ドアを選ぶ理由はどこにあるのでしょうか?

コラム ykk 玄関ドアでリフォームしよう

勝手口ドアの断熱化

勝手口ドアには、アルミの断熱機能のないタイプと、複層ガラスと断熱材が充填されているドア本体が組み合わされた断熱タイプがあります。より高い断熱効果を得たい場合には、断熱タイプのLow-E複層ガラス、夏場の冷房の効率を上げたい場合には日射を遮りつつ断熱する遮熱タイプのLow-E複層ガラスを選び、勝手口ドアを断熱化させます。

窓の断熱化

断熱窓の種類

 

窓を断熱する為には3つの方法があります。ガラスとサッシの選び方で得られる断熱性の高さが変わります。

窓交換

ガラスとサッシを両方も交換する方法です。ただ、カバー工法での工事なので、今ある枠の上に新しい枠を被せ、新しい窓を取り付ける為、約1時間で工事が完了します。3つの方法の中で、現在国内で最も断熱性能が高いトリプルガラスの樹脂窓に交換できる唯一の方法ですが、費用も嵩みます。アルミ樹脂複合サッシとLow-E複層ガラスの組み合わせにすると、費用が抑えられ、極寒の地域以外では十分な効果が得られます。

内窓設置

今ある窓の内側に新しい窓を取り付ける方法です。窓交換に比べると費用を抑えられ、防音・遮音性が向上するという付加価値があります。窓交換にも内窓設置にも、ガラス面の断熱効果が向上するという以外に、サッシからの隙間風を抑えられるという効果、結露を軽減するという効果があります。

ガラス交換

今あるサッシに新しいガラスを入れる方法です。基本の複層ガラス以外に、Low-E複層ガラスも選べるので、ガラス面の断熱機能は向上します。ただ、アルミサッシのままなので、サッシの結露や隙間風は改善されません。

窓の断熱を支援する補助金

窓のリフォームをする際には、【全国対象】既存住宅における断熱リフォーム支援事業の補助金を申請できます。

令和3年度は三次公募まで終了していますが、年内に4次公募が予定されています。現在はまだ4次公募に関するお知らせは発表されていませんが、公募を予定している旨は発表されています。

参考サイト 既存住宅における断熱リフォーム支援事業 公募情報

応募要領に関してはこちらのパンフレットをご覧ください。

参考資料 既存住宅の断熱リフォーム支援補助金について

窓とドアの断熱化で夏も冬も過ごしやすい家に生まれ変わります。しかも、他の断熱リフォームより費用を抑えられ、防音、遮音、通風などの付加価値も得られます。住宅の断熱化を計画される際には、窓と玄関ドアでの断熱リフォームを検討されませんか?

窓屋窓助は、窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店です。

私達は、窓・玄関・エクステリアのリフォームを通じて、地域の皆様の夢や暮らしに貢献させていただきたいと願っています。窓や玄関での断熱を検討される際には、ぜひご相談ください。お住まいに合わせた最適なプランを提案させていただきます。

窓リフォームの施工事例

玄関ドアリフォームの施工例

玄関引き戸施工事例

玄関ドア商品の検索

 

 

監修者情報

窓屋窓助編集部

窓屋窓助編集部

窓屋窓助では、「価格だけ」「デザインだけ」のプランではなく、お施主様のお悩み・ご希望から、その後の暮らしを大切に考え、その人にとって最高の“窓・玄関・エクステリアリフォーム”を完成させて頂きます。

詳しいプロフィールはこちら