窓助のスタッフ採用に関してのまとめ!と、改めての会社紹介。

未来の暮らしを考える。
新潟県長岡市・新潟市・上越市の窓・玄関ドアの専門店 窓屋窓助です。

先月から何回かに分けてお届けしてきた、窓屋窓助の業務別1日密着レポ(笑)
※振り返りブログは下記をクリック!

・窓業務サポーターの仕事
       
・窓職人の仕事
       
・窓アドバイザーの仕事

ざっくりと紹介してきましたが、各職種について、なんとなくの雰囲気は感じて頂けたところで、改めて、窓屋窓助とそれを運営している株式会社新産のご紹介を。

当社は大きくわけて、学校や工場などの工事を行う法人対応部門と、一般個人宅の工事を行う部門である窓屋窓助の2本柱で企業活動を行っています。

販売製品は両柱とも、窓(アルミサッシ&ガラス)や玄関ドア、カーポート&シャッター等のエクステリア製品を主力販売しており、提案から施工まで自社一貫体制で行なっています。
法人部門では、上記以外に鉄製ドアやステンレスサッシ(めっちゃ重い…)や移動間仕切、トイレブースなんかも取扱っています。
(鉄製ドアって↓こんなのです)

(移動間仕切って↓こんなのです)

法人部門では、大型の施設において私達の施工した製品が形として残り、時が経過した後でそれを目にした時なんかは、すごく誇らしく感じられますし、多くの市民が利用する施設であればなおさら、人の役に立てた!という実感を感じることが出来る部門です。
(↓大型施設でサッシを溶接取付しているところ)

窓屋窓助においては、お客様と直接やり取りできる仕事なので、法人部門以上に人の役に立てた実感を感じられるんじゃないかなって思います。
工事が終わった後のお客様からの「ありがとう」の一言は何ものにも変えがたく、今いるスタッフも仕事をしていて一番やりがいを感じられるところなんじゃないかなって思います。
(↓一般のお客様のご自宅の玄関工事)

しかし、お客様からその一言を頂くには、本気でお客様に向き合い、責任をしっかり持って仕事をこなさなければ、その感動を味わうことは出来ません。

どんな仕事もそうでしょうけど、仕事って楽しいこと、楽なことばかりじゃないんですよね。。。

暑くてカンカン照りの中、寒くて雪降る中、、、

窓職人は、時にはめっちゃ重たい鉄のドアを何本も運んで施工することもしばしば…

窓アドバイザーは自分が段取りした仕事が、うまく納まるのか、工事前日は心配で眠れないこともしばしば…

業務サポーターは窓アドバイザー&窓職人の補佐をしながらの各種書類作成が期限厳守の為にスピード勝負になることもしばしば…

だけど、仲間と共に、悩みながら、考えながら、頭と体で汗をかいてやった分、仕事が実を結んで形になるからこそ、お客様も喜んでくれるし、言葉では言い表せないような達成感を味わえる。
仕事ってこういうものです。

今いる先輩スタッフも、上記のような思いをしてきたからこそ、今があります。
辛く苦しい思いをしながらも、仲間と共に一所懸命一つ一つ仕事をさばいていく姿、みんなすごくカッコイイです!

最後に、㈱新産・窓屋窓助の仕事に興味をもってくれた方へ、採用についてお伝えしたいことがあります。
当社が大切にしていること、、それは即戦力となりうる経験よりも、仲間として同じ方向を目指して学んでいけるかどうかの一点のみです! 
要するに仲間を大切にする協調性と、仲間と共に目標に向かっていく向上心、そしてお客様や同僚に元気に挨拶ができる人であれば、ウエルカムってことです!

まずは下記の採用情報をご覧になってみてください!
その上でココで働いてみたい!と感じたなら、いつでもご一報もらいたいなと思っています。
会社見学も受付していますので、お気軽にご連絡ください。

男女問わず、最高の仲間になれる方からの応募を心から待っています!

前の記事

初節句🎏