暑さ・寒さを何とかしたい

日差しの照り付ける暑い夏やしんしんと雪が降り積もる寒い冬には、少しでも早く過ごしやすい適温にしたくて、冷房や暖房の温度を何度に設定するか気にされますよね。しかし、夏は低い温度に設定していても暑く感じたり、冬は寒く感じたりしてさらに上げたり下げたりしたことはございませんか?

夏場の日差しが暑い
  • 窓から冷たい空気 or 熱気を感じる
  • 部屋がなかなか暖まらないor涼しくならない
  • エアコン代が高くなってる気がする・・・

普段の生活の中で、ふとこんな風に感じることはないでしょうか?

毎日生活していると「これが当たり前」と思ってしまいがちですが、窓の断熱をすることで想像していた以上にお住まいが快適になる、というケースが意外と多くあります。もっと高性能なエアコンに変えようかな、暖房器具を買い足そうかな、と考える前にぜひ窓のリフォームもご検討ください。

断熱対策、まずは窓から!

実は、冬場にせっかく暖めたお部屋の熱の58%が、夏の暑い外気はなんと73%が窓を通じて出入りしている、と言われています。

※これらのデータは、平成4年の基準で建てた住宅モデルにおける例であり、次世代省エネ基準ではありません。
(資料:東京大学工学部建築学科坂本研究室)

冬場にお部屋の熱の58%、夏の外気73%が窓を通じて出入り

せっかく省エネタイプのエアコンや暖房器具を買っても、熱の出入りが激しければ効果は薄まってしまいます。こうしたことからも、まずは窓の断熱を考えることが最も省エネにつながる、と言えます。

しかし、一般のご家庭では、省エネ目的だけで窓のリフォーム(高断熱ガラス、内窓の設置)を行うのは難しいと感じられるところもあるかもしれません。

しかし、長い目でみると省エネで経済的、子供や孫の世代への環境に優しい、何よりとても快適に過ごせる、などメリットも多く決して無駄な出費ではありません。

断熱対策をされたお客様から、

こんなに快適になると思わなかった。」と言われることがあります。

もっと早くやっておけばよかった」「何か今までもったいない事をした」といった声も多く頂戴するときがあります。

現状の夏の暑さや冬の寒さに慣れてしまって、「暑い」「寒い」といったストレスが当たり前になっていると、窓をリフォームしたあとの快適さに非常に驚かれるところがあるようです。

窓以外にも床、壁、天井と断熱対策ができる箇所はありますが、まずは熱の出入りが最も多い窓を断熱対策することにより効果を感じることができます。しかも、窓のリフォームは水廻りや外壁リフォーム、内装リフォーム等に比べて大掛かりな工事も必要なく、基本的には家具を部屋から出す必要もないため、工事は短時間で終了しますので、是非一度お悩みの方はご検討ください。

暑さ・寒さのお悩み対策

内窓をつける

今ついている窓の内側にもう一つ窓をつけて二重窓にすることで、高い断熱効果を発揮します。

詳しくはこちら

壁を全く壊すことなく、窓を交換する

窓を交換

今ついている窓の窓枠の上から新しい窓をかぶせる工法で壁を壊さずに室内側からかんたんに施工でき、断熱性効果をUPさせることが可能です。

詳しくはこちら

今ついている窓はそのままに、ガラスだけを替える

ガラスだけを替える

今ついている窓はそのままに、お手軽にガラスだけを取替えて断熱性や遮熱性を高めることができます。

詳しくはこちら

今ついている窓はそのまま、日差しを遮る
シェードを取り付ける

シェードを取り付け

今ついている窓はそのままに、外部側にお手軽にシェードを取付し、照り付ける日差しをカット。

詳しくはこちら

PLAST
スペーシア

騒音

前の記事

うるさい騒音を何とかしたい
カーポート・風除室・ウッドデッキ

次の記事

外回りのお悩み