施工前
施工後

小千谷市のK様よりご依頼を頂きました。K様のお悩みは電動シャッターが古くなり、電動モーターの破損により、電動で動かなくなってしまっていました。しばらくだましだまし手動で開閉させていたのですが、重くて仕方なくなり、御相談を頂きました。

現場を確認させて頂き、モーターのみ取替の場合と全て新しくする場合の2通りの御提案をさせて頂きました。将来的なことも考え、全て新しくする方向でご依頼を頂きました。

の施工事例
の施工事例


まずは既存シャッターの取り外しをしていきます。古いシャッターは溶接止めで取付されているため、溶接アンカーも撤去し、新しいシャッターが取付できるように開口をきれいにしていきます。

開口が綺麗になったら、新しいシャッターの取付に入ります。まずは、シャッターの軸がのっかるブラケットの取付です。ここにシャッターの全重量がかかってきますので、しっかり強度を保つよう取付していきます。

取付したブラケットにシャッターのシャフト(バネ)を取付します。

次はシャッターの通り道、ガイドレールを取付します。しっかり水平を見ながら取付しないと、ひっかかったりしてシャッターがスムーズに開閉しません。そうならないよう、注意して取付していきます。
電動モーターの設定調整を行い、ちょうどよい位置でとまるように設定します。

の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例

最後にケース材をビス止めしていき、完成です。

K様、これで、日々の憂鬱だった重いシャッターの開け閉めに苦労しなくてすみますね!シャッターはアルミ製のものもありますが、大半が鉄の製品です。どうしても経年劣化で錆びてきてしまいます。日々のオイルメンテナンスだけでも、製品寿命は伸ばすことができます。K様、このたび、数あるリフォーム会社の中から窓屋窓助に御依頼頂き、誠にありがとうございました!
今後もなにかございましたら、ご相談くださいませ。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

の施工事例
の施工事例