施工前
施工後

長岡市のK様よりご依頼をいただきました。

K様のお悩みは、お風呂場の出入口戸の樹脂板が割れてしまって、室内にシャワーの水・蒸気が入ってしまい、ゆっくりと風呂に入れないとのことでありました。

の施工事例
の施工事例

まずは浴室ドアの扉そのものを枠から取り外しします。

お客様の大切なご自宅にキズをつけないよう、慎重に運び出します。
お客様のお庭をお借りして、作業をさせて頂きました。まずは扉のビスを緩め分解して、割れた樹脂版を取り外します。

新しい樹脂版に専用ビートを巻き付けて、障子枠に組み込んでいきます。
その際、ビートがねじれないよう、注意しながら作業します。

框を取付し、完全に枠を固定させます。再度、ねじれ等がないか確認しながら、ビスをしめつけていきます。
組立完了後、再び室内のものにぶつけないよう、慎重に運びいれ、浴室枠に扉をはめ込みます。

はめこみ後、しっかり建付や可動の調整を行い完了です。

の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例

K様、これで、のんびりリラックスできるお風呂タイムが満喫できますね!このたびは、数あるリフォーム会社の中より、窓屋窓助を御用命いただき、本当にありがとうございました!今回は樹脂パネルの交換だけでしたが、浴室の出入口扉は壁を壊さず、簡単にリフォームすることが可能です。お風呂の入口戸がうまく動かない、隙間がある等のお悩みをお持ちの皆様、窓屋窓助までご一報ください!

の施工事例
の施工事例
の施工事例
の施工事例