窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店

窓・玄関・エクステリアリフォーム専門店
私達は、窓・玄関・エクステリアのリフォームを
通じて、地域の皆様の夢や暮らしに貢献させて
いただきたいと願っています。

お問い合わせ

PLAST(プラスト)


本気で防音・断熱対策を考えている方へ。
窓屋窓助がオススメする上質で最強の内窓

 

PLASTの遮音性能はこんなにもちがいます!

内窓プラストは他の追随を許さない最強の内窓です

現代社会において、外の自動車音、電車の騒音・隣のお宅からの声・工事現場の騒音・室内で楽器練習をしたい等々、音に関する悩みは尽きません。

騒音対処法 デメリット
高い工事費を払い壁や床を防音仕様にする工事 工事費が高く、工事期間も長くなる。
今ついているサッシの硝子を防音硝子に交換する工事 安価だが、思った程、効果を実感できない。
今ついているサッシの内側に内窓を設置する工事 多くの会社が取り扱っているが防音となると思ったほど効果を実感できない。

しかし、上記A~C全てのデメリットをクリアするものがあります。

それが最強内窓『プラスト』!

「プラスト」は他の追随を許さない最強の防音効果に優れた内窓です

特徴①
工事期間が短い!

一窓あたりおよそ40分から1時間

特徴②
どこよりも気密にこだわる!

大手サッシメーカーに部品供給をしている気密材メーカー大信工業社が製造しており、どこよりも気密にこだわった設計である(クレセントもありません!)

特徴③
12ミリ防音ガラス!

他メーカーでは不可能な厚さ12ミリの防音ガラスを取付することが可能であり、プラスト本体の気密性と相互リンクを果たすことにより最高の防音性能を誇る。

特徴④
指定工事店のみの施工

ネット等で購入できる誰でも取付できる製品では無く、大信工業社にて専用工具を使用した施工講習を受け、認定を受けた者しか取付できない、まさにプロ仕様の最高品質。

「プラスト」は他にはない最高品質である為、一般的な内窓よりは若干コスト面で他の内窓よりはかかります。しかしその性能に自信があるからこそ、真剣に音でお悩みの方には最高のご満足を提供できる製品です。

※内窓「プラスト」は環境省本庁舎でもいち早く御採用頂きました。それにより外が肌寒い日でもOA機器などから発生するわずかな熱だけでも部屋が暖まり、暖房なしで生活できるなど効果を上げています。

認定証書
窓屋窓助は信越エリア唯一のメーカー推奨施工店です!!

大信工業㈱様の施工講習を受け、
正式に取り扱いの認定を受けております。


最強防音性能ならではの高気密アイデア

サッシとは発想が異なる樹脂製建具が原点

「内窓プラスト」は、木製建具を樹脂で作ることから始まりました。サッシのようにクレセント(カギ)で枠と枠を締めつけるのではなく、「面」で気密を取る構造も建具ならではの発想です。

上枠の隙間をふさぐ「アジャスター」機能

上内枠の内部にはクッション材が挿入されており、上枠をバウンドさせて内窓上部に落とし込むことで鴨居溝との隙間を抑えます。経年に伴う設置枠のたわみ・ゆがみ・垂れにも対応して気密性を保ちます。

樹脂の柔軟性を考慮した、召し合わせ部の「煙返し」

樹脂の柔らかさに配慮して引違の内窓が重なる召し合わせに「煙返し」を採用。内窓を閉めると、召し合わせ部がしっかりとかみ合うことで気密性を確保します。標準ではクレセントの設定がないため、インテリア性にも優れています。

敷居溝との隙間をふさぐ「スプリング式スライドピース」

戸車の高さ調整で生まれる敷居溝との隙間をふさぐため、スプリング式スライドピースを採用(NT型・HT型)。自動的に上下動することで内窓を密着させつつスムーズな開閉を可能にし、熱や音の出入りをガードします。

高気密化のために独自開発した「ダブルフレーム工法」

設置枠のたわみ・ゆがみに対応しながら高気密化するために大信工業社が独自開発。精密な採寸後にオーダーした外枠を固定し、内枠をはめ込むことで隙間をなくします。内枠には外枠固定のために使用する金具を隠す美観効果も含まれます。

レール内部に気密材を入れている「丘戸車」

独自開発した「丘戸車」は、レール溝内部に気密材を入れることで高い気密性能や断熱性を保持。また、平らな枠の上を戸車が走る構造のため重力が分散し、レールが潰れることなく内窓に重たいガラスを組み合わせても優れた耐久性を発揮します。


最強内窓の「防音力」

内窓プラストの取付で、道路交差点の騒音が図書館並みに

建物に設けられた窓は、壁や天井、床に比べると圧倒的に薄い場所。人が不快に感じる騒音や漏らしたくない室内の音の多くは、窓ガラスを通じて侵入します。

「内窓プラスト」を取付け、2重にすることで生まれる空気層によって壁の厚さが増し、窓から出入りする音を大幅に減らすことが可能です。

例えば、幹線道路の交差点に相当する80dbの騒音を図書館並みの35db程度まで下げることが可能となり、最大-45dbの遮音効果を発揮します。音に悩みや心配がない快適な室内環境を実現します。

アルミサッシと内窓の間に生まれる空気層が気になる音を減らします

屋外からの音は、窓ガラスを通り抜けてきます。既存窓(アルミサッシ)と内窓の間にある空気層は音に対して吸音材の役割を果たし、空気層が大きいほど遮音性が高くなります。「内窓プラスト」は広い空気層を確保し、通過する音を抑制します。

随所の高気密化対策によって、隙間からの音抜けをガードします

一般的な内窓を取付けることで、窓の気密性は高まります。その効果を最大化するため「内窓プラスト」は隙間を限りなく減らし、さらに数多くの気密材を挿入しました。引違窓の場合、重なり合う召し合わせには、かみ合わせて気密性を確保する「煙返し」を採用し高気密化を徹底し、内窓を閉めるだけで気になる音を大幅に軽減可能です。


最強内窓の「断熱力」

「窓」は、住まいの中で最も熱の出入りが大きい場所

通風や採光、眺望を得るための窓は建物の中で最も熱の出入りが大きい場所です。冬には室内の約48%の熱が窓から逃げてゆき、夏の日中の屋外からは約71%の太陽エネルギーが侵入します。

内窓プラストは、熱伝導を絶って冷暖房効率を高めます

窓を構成するアルミサッシやガラスは熱伝導率が極めて高く、外気温が室内に大きく影響します。既存の外窓(アルミサッシ)へ内窓プラストを取付けすると、窓の表面温度を室温とほぼ変わらないレベルに抑えることが可能です。

高気密化のために独自開発した、画期的なダブルフレーム工法

窓の断熱性能を向上させるために研究し「内窓プラスト」を開発したのが、外枠+内枠のダブルフレーム工法です。既存枠の寸法差やたわみ・ゆがみにもジャストフィットし、外窓と内窓との隙間をなくすことにより、経年変化にも対応安定した性能を長期にわたって確保します。

樹脂メーカーならではの経妊変化に強い高純度素材を採用

一般的なPVC(ポリ塩化ビニル樹脂)には、紫外線の影響を受け、黄色く変色しやすいという特徴があります。しかも内窓は夏の間、外窓以上に過酷な高温状態に置かれます。「内窓プラスト」は、樹脂メーカーである大信工業社が高純度の樹脂素材を独自に配合して製造し、長期間、色褪せしにくく、しなやかな強度を保ちます。

それでも「樹脂というのに強度の不安を感じる・・・」という方もいるかもしれません。
しかし、ご安心ください。樹脂の専門企業である大信工業社が英智を集結させ開発した樹脂なので、人が乗っても大丈夫なほど、製品強度には自信を持ってオススメ致します。
※右の写真は、下枠のレールの上に女性が乗っています。

窓の断熱力を高めることで冬の結露も軽減します

窓に発生する結露は、外気に冷やされたアルミサッシやガラス表面に室内の暖かく湿った空気が触れることで発生します。樹脂の熱伝導率は、アルミの1/1000程度。「内窓プラスト」を設置することにより、アルミサッシに比べ結露発生量を1/2.7以下に抑制することが可能であり、その効果はさらに黒カビやダニの発生、内装材(クロスやフローリング等)の劣化も軽減します。


豊富なカラーバリエーション

アイボリーホワイト

反射色のアイボリーホワイトは純白色より若干明るさを抑え、温かみを持たせた「内窓プラスト」の定番カラーです。額縁(木枠)の色が茶系の場合でも同色系のホワイトの壁紙と合わせることで、室内の照明や窓から取り込んだ光を反射し、室内を明るく広く演出します。

ヒーリンググレー

引きしまったデザインのインテリアにマッチするよう、光を吸収する吸収色で開発されました。色味の濃いフローリングや木額縁、グレー系の壁紙など、様々なカラーのインテリアと合わせた際にも、主張しすぎず自然な色味での調和が楽しめます。落ち着いた感じを演出してくれます。

檜(ヒノキ)

和室や木質系の室内空間に合わせて設計した檜色はヒノキの色味を再現し、さらに木目調の加工を加えています。クレセントなしの「内窓プラスト」の特徴に加え、和紙調ガラスを使用することで、木製建具同様の質感を感じることができます。


最後に…

内窓は、多くのメーカー各社からたくさんの製品が出されており種類が豊富です。
その中でも、窓屋窓助が自信を持ってオススメするのが「内窓プラスト」です。

私たちのような専門の業者から見ても「内窓プラスト」の性能の高さは他の製品を圧倒しています。
その分、価格も他の類似品と比べるとワンランク上の価格帯ですが・・・やはり良いモノは高いです。

でも、そのお値段以上に価値のある素晴らしい、そして皆様のお悩みの力に必ずなれる製品です。
お悩みの種類や度合いにもよりますが、もしご予算に余裕があるならぜひご検討してみてください!!

窓まわりのお悩みお聞かせください
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-973-512

窓屋窓助

  • 本店
    〒940-2127 
    新潟県長岡市新産4-4-2
  • 新潟出張所
    〒950-0917 
    新潟県新潟市中央区天神1-1 プラーカ3 2F HUB STATION KENTO内

主なサービス内容